ココマイスターのブランド力はどのくらい?

2020年9月21日22時より、ココマイスターで売り切れていた商品が再販売されます。

販売後数分で売り切れる希少なアイテムもあります。

詳しくは公式HPをチェックしてみてください。

⇨ココマイスターの再販売情報はこちら

ココマイスターを買いたいけど、正直どのくらいのブランド力なのでしょう?

 

世界には様々なブランドがありますが、ココマイスターはまだ世界的なブランドではありません。誰かに見せても「どこのブランド?」と言われるかもしれません。

じゃあブランドとしての価値はないのでしょうか?

パッと見ではどこのブランドかわからない。まだ有名ではないブランドであるココマイスター。

そんなココマイスターにブランドとしての価値はどの程度あるのでしょうか?

もしかしてブランド力がない?

 

いえいえ、ココマイスターのブランド力は今急上昇中なので安心して購入して大丈夫です!

ココマイスターのブランド力は?

ココマイスターはブランド名であり、会社名は「株式会社ルアンジュ」と言います。

ルアンジュは2009年に設立された若い会社です。ココマイスターのブランドもまだ10年も経っていないのです。

若いですがココマイスターは急成長中のブランドです。店舗は東京・名古屋・大阪・神戸に計6か所ありますが、2017年11月22日に神戸店が移転しました

この移転でココマイスター神戸旧居留地店と名前が変わりました。

ココマイスター神戸店の移転先がすごい!

移転によって神戸オリエンタルホテル1F路面店にてついにルイヴィトンと軒を連ねることになります。

他にもバーニーズニューヨークとも同じ一画に出店します。

 

ルイヴィトン、バーニーズニューヨークともに世界的超一流ブランドです。

その中に入って勝負できるほどのブレンド力と言っていいでしょう。

それだけデザイン・品質に自信があるということです。

店舗の場所でブレンド力が決まるわけではありませんが、

世界的一流ブランドと同じ土俵に立つことができるココマイスターはやはり国産最上級ブランドと言えるしょう。

 

ココマイスターのブランドコンセプト

ココマイスターのブランドコンセプトは、素材とつくりにこだわった本物志向の革製品を生み出すこと

⇒【特集ページ】ココマイスターのブランドコンセプト

欧州の革文化×日本人職人の技術素材と作りに徹底的にこだわっているのです。

日本人職人が欧州皮革を使って一つひとつ手作りで作り上げているのです。

デザインも非常にシンプルで素材とつくりを堪能できるようなモノになっています。

 

男性向けファッション雑誌に何度も掲載されている

主に「LEON」「MEN’S EX」

どちらも大人の男性、エグゼクティブ、かっこいいオヤジ向けのファッション雑誌です。

これらの雑誌に毎回のように掲載されています。

 

社会的地位の高い人の支持が多い

雑誌掲載などの広告活動のおかげで、経営者や管理職の方を中心に人気が広がっています。

宮内庁勤務の方が天皇陛下へお会いになられる時に、ココマイスターの『ブライドルダレスバッグ』を選ばれたこともあります。

また区長や議員の方など社会的地位の高い人からの支持もあるので

ココマイスターのブランド力は今後ますます向上していくと思います。

まとめ

まだ成長途中ですが、ココマイスターは世界的ブランドと勝負できるほどのブランド力でしょう。国産ブランドに限って言えばかなり上位に入ると予想できます。

 

知る人ぞ知るブランドという感じでむしろかっこいい気がします。

しかし手作業で作っているためすぐに品切れになります。ホームページを見て気に入った財布やカバンがあったらできるだけ早く購入したほうがいいです。

 

サイトを見た1時間後に売り切れていたなんてこともよくあります。

 

トップへ戻る