ココマイスター 送料・代引手数料を無料にする方法

2020年9月17日22時より、ココマイスターで売り切れていた商品が再販売されます。

販売後数分で売り切れる希少なアイテムもあります。

詳しくは公式HPをチェックしてみてください。

⇨ココマイスターの再販売情報はこちら

ネットで買い物をすると送料などがかかります。

ココマイスターの商品をネットで買う場合も同様、送料がかかります。代金引換で購入する場合はさらに手数料もかかります。

アマゾンとかの送料込み表記を見慣れているので商品とは別にかかる送料とか手数料ってもったいなく感じてしまうんですよね。

 

ココマイスターの送料は630円(沖縄県は1470円)

代引手数料は315円

二つ合わせた場合1000円近くかかってしまいます。

送料・手数料を無料にする方法

銀行振込手数料は無料にならない!

振込手数料は購入者負担になります。

最近のネット銀行は振込手数料0円のところも多いので活用してみればどうでしょうか。

送料を無料にするのはカンタン!

一度の注文の合計が30000円(税込)以上になれば送料無料になります。

「30000万円の商品1つ」15000円の商品2つ」など1つの商品でも複数の商品でも30000円以上になれば送料無料です。

また29000円の商品が欲しいけど別の商品を追加で買うのは高すぎるという場合は「メンテナンス用品」を購入すれば数百円単位で調整できます。

代引手数料を無料にするのはもっとカンタン!

一度の注文の合計が15000円(税込)以上になれば代引手数料無料になります。

ほとんどの商品は15000円以上なので気にしなくても大丈夫そうです。

店舗で買えば送料も手数料も無料!

当たり前ですが、店舗に買いに行けば送料も手数料もかかりません。

今(2018年現在)のところ神戸(1店舗)、大阪(1店舗)、名古屋(1店舗)、東京(3店舗)でしか購入できないので地方にお住いの方は交通費が多くかかります。

しかし実際にモノを見ながら買えるというメリットは大きいです。

実際に手に取って見ると、欲しかった商品以外にも気になる商品が出てきてわくわくしますよ。

 

どうしても店舗に行けない人は公式通販で購入するしかありません。

もし購入した商品が思っていたイメージと違っても返品・交換は無料で対応してもらえます。

 

返品交換を受けるには一定の条件があります。詳しくは下のリンクからご確認ください。

⇒【ココマイスター】返品交換について

そもそもココマイスターではどんな支払方法を選べるのか

代金引換

クレジット情報を入力するのが不安な人におすすめです。

条件によっては手数料が発生します。

合計金額30万円以上の場合代金引換は利用できません

銀行振込

振込手数料が発生します。手数料は銀行によって異なります。

クレジットカード決済

最近では最も一般的な決算方法です。

カードによっては分割払いが可能です。ココマイスターでは「ボーナス払い」は利用不可です。

Amazon pay

アマゾンにて登録しているクレジットカードで支払いできます。分割払いはできません。

クレジットで購入したいけど、いろんなサイトにクレジット情報を入力したくない人にはこの方法がおすすめです。

 

上記のお支払方法について詳しくはこちら

まとめ

会計の合計が30000円以上になれば送料も代引手数料も両方無料。

15000円~29999円だと送料がかかり、代引手数料が無料。

~14999円なら送料も代引手数料もかかります。

送料や手数料について詳しくはこちら

トップへ戻る