上質!シティライトリバティの評判と必要なお手入れ用品・オススメカラーを紹介!【ココマイスター】

2020年9月17日22時より、ココマイスターで売り切れていた商品が再販売されます。

販売後数分で売り切れる希少なアイテムもあります。

詳しくは公式HPをチェックしてみてください。

⇨ココマイスターの再販売情報はこちら

シティライトシリーズの大型ショルダーバッグ『シティライト・リバティ

見ただけでその上質さと優雅さを感じるシティライトリバティは

ビジネスでもプライベートでも大活躍してくれるショルダーバッグです。

カジュアルな服装にも、フォーマルなスーツにも相性のいい革なので、誰にでもおすすめできます。

今回はこの『シティライトリバティ』がどんなカバンなのか?ご紹介していきます。

ちなみに、『シティライト・リバティ』を買うなら正規販売がおすすめ。

正規販売ならポイント還元や修理保証がありお得です。

なにより最安値で購入できるので、損したくない人は正規販売店で買いましょう。

▼ココマイスターの正規販売サイトはここだけ▼

シティライトリバティはこんなカバン

フライス産最高級カーフ『フォルスカーフ』を使用

フライス産最高級カーフ
『フォルスカーフ』を使用

フォルスカーフの原皮はフランス産の最高級カーフを使用。

上質なカーフなので、触れるとしっとりとするのですが、傷や汚れに強い特徴があります。

しっかりしたハリがあるので、型崩れもしにくく、カバンとの相性のいい素材です。

経年変化で大きく色が変わることはなく、長く美しい新品のような状態を保つことができます。

内装は高機能素材『ウルトラスエードHP』を使用

内装はウルトラスエードを使用

シティライトリバティの内装には『ウルトラスエードHP』という、東レが開発した高機能素材が使われています。

ウルトラスエードHPは高級車、航空機、高級クルーザーの内装などに使われることが多い最高峰の技術素材です。

特徴としては、

汚れに強い、水に強い、耐久性がある、高級感がある

とても高機能で扱いやすい素材。それでいて高級感もあるので、

カバンの内装と相性のいい素材です。

3色のカラーバリエーションから選べる

シティライトリバティは全3色の中から選べます。

カラー特徴
マローネスクーロ落ち着きのある2トーンカラー。
ビジネス⇔カジュアルともに使える万能カラーです。
マローネキャーロキャラメルカラーで洒落感ある配色。
オフィスカジュアルな服装と相性の良いカラーです。
ネロ黒一色で威厳のある配色。
フォーマルシーンでも使える貫禄のあるカラーです。

この3色の中で最もおすすめなカラーが”ネロ

シティライトシリーズでは初となるオールブラックの配色。

黒色はハリ・ツヤ感のあるフォルスカーフとの相性がよく、吸い込まれるような漆黒の表情になります。

それでいて堅くなりすぎないように、ステッチにはベージュ色の糸を採用。

ステッチとのコントラストが黒をより引き立ててくれます。

高級感・上品さ・威厳 すべて兼ね備えた大人のカラーです。

▼さらに画像を見たいなら下のリンクから見れます▼

シティライトリバティのエイジング・経年変化

シティライトリバティに使われている『フォルスカーフ』は経年変化を抑えた素材。

エイジングを止めることで、美しさ・上品さを長く保つことができます。

色のが変わるのが嫌だ」「くたっとする経年変化が苦手だ

という人はシティライトリバティがおすすめです。

デザインのこだわり

シティライトシリーズはココマイスターでは珍しい『和』がモチーフ。

その中でもシティライトリバティは、「優雅さ」「上質さ」「力強さ」を感じられるカバンです。

この上質感は、素材の良さはもちろん、職人の腕も一流でないと表現できません。

優雅な見た目

ハリのあるフォルスカーフを使用した『シティライトリバティ』

素材の丈夫さから、ハードなフォルムで型崩れしにくい。

汚れや傷にも強く、長く美しい状態を保つことができる。


堅牢なファスナー

ファスナーの引手には光沢感のあるシルバーの金属を採用。

さり気なく浮き出たロゴも上品で鞄の高級感を押し上げてくれる。


等間隔なステッチ

精密に縫われたステッチ。

日本人職人が一本一本丁寧に縫い上げている。

天然皮革には個体差があり、機械的な均一な縫製では美しい製品にはならない。

職人はその個体差を考慮し、完成後の姿をイメージしながら仕立てる必要がある。


美しいライン

シティライトリバティはとにかく曲線が美しい。

美しいラインからは”優雅さ”や”上品さ”と共に”力強さ”も感じられる。

生命力すら感じる力強さは、日本人職人の腕がないと実現しない。


内装にこだわる

内装には『ウルトラスエードHP』を使用。

ベルベットのような質感で落ち着いた雰囲気になります。

機能性だけでなく、美しさも妥協しない日本が誇る最高技術素材です。

収納力抜群!MacBookPro13インチが入る!

シティライトリバティの収納

画像を見てもらえばわかると思いますが、かなり物を入れても余裕があります。

折り畳み傘も横に収納できるので、日帰り旅行なんかにもってこいのサイズですね。

13インチのMacBookProも入るのでビジネス用途でもバッチリです。

 

PCの他に、ペットボトル、手帳、財布、Wi-Fi、Kindleペーパーを入れてもまだ余裕がありました。

 

オールマイティーなショルダーバッグを探しているならかなりおすすめですよ。

その他にも細かい収納がたくさんあってとても便利です。

 

シティライトリバティの細かい収納

収納場所おすすめの収納アイテム
外ポケット(ファスナー)スマホ、イヤホン
内ポケット(本体正面)書籍、パスケース、財布
内ポケット(ファスナー)名刺入れ
内ポケット(フリー)キーケース、ペンケース

シティライトリバティは細かい収納ポケットが多く、普段使いしやすいショルダーバッグです。

外ポケットは出し入れすることが多いスマホなどを入れるのに向いています。

内ポケットは蓋を開かないと出し入れできませんが、他の荷物と触れ合いたくない物(革財布、キーケース)などを収納するのに最適。

非常に使い勝手のいいポケットなので、ビジネスでもカジュアルでも大活躍間違いなしです。

サイズはどれくらい?

シティライトリバティのサイズは

外寸(カバンの外側) 縦26㎝×横33cm×厚さ8.5cm
内寸(カバンの内側、収納部分) 縦24㎝×横32cm×厚さ6.5cm

このサイズなら13インチのMacBook(奥行き21.24cm×幅30.41cm×高さ1.49 cm)なら十分に入ります。

実際のサイズ感

実際にカバンを肩に掛けてみるとこんな感じ。

横幅は手から肘までより短く、厚みもスッキリとコンパクト。

PCが入るほどのバッグがこのサイズならかなり取り回しが良さそうです。

堅い職業でなければ、ビジネスとしても違和感のないサイズ感でおすすめです。

もちろん休日のカバンにしてもOKな洒落感もあります。

パソコン1つで仕事をしているノマドワーカーの人にもおすすめできるショルダーバッグですね。

シティライトシリーズの評判

シティライトリバティは最近発売されたショルダーバッグなので口コミがまだありません。

ただ、シティライトフリーショルダーの口コミがあるのでご紹介します。

シティライトシリーズの口コミ

見た瞬間、触れた瞬間に、商品の良さが体感できます。革の質感や配色も落ち着いており、様々な面で丁寧に作られていることがよくわかります。どんな場面にもつかえ、応用性も高そうです。
 一目でよいものだとわかりますし、人の視線がバックに行っていると、ちょっと優越感が芽生えます。長く使えそうで大変気に入りました。この値段を高いと思うか、安いと思うか、人によってはいろいろあるかと思いますが、私はいい買い物をしたと胸を張って言えます。

休日の外出用にショルダーバックを探していて、この商品に出会いました。
財布、携帯電話、小説を入れても少しスペースが空く、このサイズ感は、私にとってパーフェクトです。
また、デザイン、色も非常に気に入っています。
革の感じも、高級感を醸し出しており、持っているだけで、自分もワンランク上の
ステータスにいる感じをさせてくれる
逸品です。
革の固さもしっかりしており、型崩れが全くしないので、そこもこの商品の特徴と感じております。

大きさも丁度良く、財布やスマホ等全てが上手く入れられます。開閉ぶもマグネットになっており使いやすいです。
色々なメーカーのショルダーバッグを使用していますが一番の出来と思います。長く使用したいです。

必要なメンテナンス用品

防水スプレー

防水スプレーの必要性

防水スプレーは革製品を使う時はほぼ必需品といっていいでしょう。

防水加工していないと、汗で革にシミがついて取れなくなったり、雨に濡れて革が変形したりします。

防水スプレーをかけていれば、ある程度の雨をはじいてくれます。

「今日雨降りそうだな―」って日の朝にかければいいだけなんでとっても簡単です。

ただ、防水スプレーにもいろいろ種類があって、革と相性の悪いスプレーを使うと、

革が呼吸できなくなって、風合いが悪くなることもあります。

防水スプレー選びの注意点

防水スプレーはフッ素系樹脂を使用しましょう。

スキーウェアなどに使われるシリコン系樹脂は透湿性が損なわれてしまいます。
またアルコール系溶剤を使用したスプレーも革の皮膜を傷めるので使わないようにしましょう。

⇒シティライトリバティと相性のいい防水スプレーはこちら!

防水スプレー選びで迷ったらとりあえず今紹介したスプレーを選べばOK!

安くて容量もあるから、長く使えます。

ブラシ

カバンは常に空気に触れている部分が多いからホコリも付きやすいんです。

教えて紳士
 

ホコリくらい大丈夫じゃないの?

と思うかもしれませんが、革はホコリが付くのもあまりよくありません。

ホコリはカビの原因の一つで、放置するとカビが生える可能性が高まります。

特に縫い目とか布のつなぎ目とかには詰まりやすく、しっかりケアしないとホコリやゴミが溜まってしまいます。

でも大丈夫!

ブラシがあればいいだけです。誰でもカンタンにケアできます。

革用ブラシ選びの注意点

硬い毛のブラシは革を傷付けてしまうので使わないようにしましょう。
必ず柔らかい毛のブラシでブラッシングしましょう!

⇒シティライトリバティと相性のいいブラシはこちら!

保革クリーム

※革用のクリームは、すぐに買う必要はありません。

革って乾燥にもすごく弱いんです。

乾燥し過ぎると、革がひび割れてくることもあります。

ただ、フォルスカーフは丈夫で変化のしにくい素材。ひび割れなどにも比較的強いと言われています。

革を触ってみて「カサカサしてきたな―」と思ってから購入しても全然遅くありません。

もちろん、先に買っておいてもOK!

クリーム選びの注意点

レザーバッグに使うクリームは乳化性クリームにしましょう。

油性クリームを使いすぎると革が硬くなったり、色が薄くなったりします。

また、色付きのクリームだと革の色が変わる可能性があるので、無色のクリームを選ぶのがいいでしょう。

⇒シティライトリバティと相性のいいクリームはこちら!

クロス

クリームを塗り広がるために必要になります。

クロスがあれば、カバンの乾拭きもできて、ある程度のホコリを落とすこともできますよ。

クロス選びの注意点

革を拭く布は柔らかい素材のものを選びましょう。

ストッキングや古着の切れ端を使う人もいますが、素材によっては革を傷つけてしまう可能性があります。コットン製のクロスをおすすめします。

⇒シティライトリバティと相性がいいコットン製クロスはこちら!

このコットン製クロスは結構大きいので2つに切って、

1つはクリーム用、もう一つは乾拭き用に分けて使うこともできます。

修理保証で一生モノとなる!

ここまで素材にこだわり抜いて、日本人職人の技術が詰まった鞄なので、できるだけ長く使いたいですよね?

今、ココクラブ会員に入会して購入すれば、

万が一にも安心な、ココマイスターの永久保証制度を受けられるんです。

修理の価格は、修理内容によって異なりますが、無償or有償(会員特価)で修理ができます。

これは「壊れやすい」ってことではなく「壊れない!」という自信の表れでもあります。

僕も、ココマイスターの財布を数年使っていますが、修理に出したことはないですし、

ココマイスターの財布を持っている知り合いも修理に出したことはないそうです。

でも、万が一の時の為に、会員になって損はないですよ。

▼無料で会員登録できます▼

まとめ 最高級ショルダーバッグ『シティライトリバティ』

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

シティライト・リバティ

高級革素材の大容量ショルダーバッグを探しているなら、今のところシティライトリバティ一択だと思います。

以下にシティライトリバティについてまとめたのでご覧ください。

価格113000円
外寸縦26㎝×横33cm×厚さ8.5cm
内寸縦24㎝×横32cm×厚さ6.5cm
重さ878g
カラー3色(ネロ、マローネスクーロ、マローネキャーロ)
素材外装…フォルスカーフ
内装…フォルスカーフ、ウルトラスエード

シティライトリバティを最安値で購入する方法

ココマイスターのカバン全般に言えることですが、結構高いです。

その分、素材と確かな技術で素晴らしい製品なので仕方ないですが…

できれば安く買えた方がいいですよね?

そう思って最安値で買えるところを調べたところ、見つかりました!

⇒【最安値はココ】シティライトリバティの購入ページへ!

結局、公式サイトが一番安かったです。

生産工場から直販なので当たり前ですが…

店舗でも最安値で購入できますが、別の人が触っている可能性が高いです。

WEB通販購入だと、他人が触っている可能性は低くなります。
(職人や検品の人は触りますが…)

そういうのが気になる人は公式サイトから購入することをおすすめします。

トップへ戻る