【大人のショルダーバッグ】マットシュリンクモンジュの特徴やカラーバリエーションはどう?【ココマイスター】

4.5

2021年4月15日21時より、ココマイスターで売り切れていた商品が再販売されます。

販売後数分で売り切れる希少なアイテムもあります。

詳しくは公式HPをチェックしてみてください。

⇨ココマイスターの再販売情報はこちら

売り切れた商品は最大6ヶ月再販売しません。

この記事では、ココマイスターで販売されているショルダーバッグ

『マットシュリンク・モンジュ』についてご紹介します。

  

マットシュリンクモンジュに使われているレザーは、汚れや傷に強い素材です。

きれいな状態で長く使いたいなら、メンテナンス用品を揃えておくことをおすすめします。

⇨ マットシュリンクモンジュにおすすめなお手入れアイテム

 

マットシュリンク・モンジュとは

マットシュリンクモンジュとは、フランス産シュリンクレザーを使用したショルダーバッグ。

機能性とデザイン性、本革なのに扱いやすい軽さと丈夫さを兼ね備えています。

カラーバリエーションは4色。

  • マットシュリンクモンジュ ネロ
  • マットシュリンクモンジュ ブルマリーノ
  • マットシュリンクモンジュ マッローネ
  • マットシュリンクモンジュ ロッソヴィーノ

きっちり目からカジュアルな色味まで揃えています。

色の名前実際の色
ネロ
ブルマリーノネイビー
マッローネキャメル
ロッソヴィーノロッソヴィーノ

 

ショルダーベルトを外すとセカンドバッグとしても使えます。

シュリンクレザーはマットでカジュアルな雰囲気がありますが、日本職人の仕立てやファスナーなどがアクセントとなり、高級感あふれるショルダーバッグとなっています。

 

ではマットシュリンクモンジュではどのような素材が使われているのでしょうか?

どんな素材を使ってる?

マットシュリンクモンジュでは、鞄そのものの作りはもちろん、革素材や内装にも力を入れています。

まずは表に見えるメイン素材『フランスシュリンクレザー』についてご紹介していきます。

 

フランスシュリンクレザーとは?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: mattshrink_material_01c.jpg

マットシュリンクシリーズでは、フランス産のシュリンクレザー【フランスシュリンク】を採用。

シュリンク(Shrink)とは、日本語で『縮む』という意味です。

革の製造段階で、特殊な薬品などを使って革表面を収縮させて独特のシワをつけた革をシュリンクレザーといいます。

 

フランスシュリンクレザーの特徴として、

傷に強い/汚れに強い/優しい風合い/経年変化が穏やか などがあります。

柔らかさとハリ感を備えているハイパフォーマンスな革素材です。

新品時から美しく、お手入れに気を配らなくても美しい状態をキープしてくれます。

 

とはいえ、革は天然素材なのでブラシでホコリや汚れは落としておいた方が良いです。

硬いブラシを使うと、革を傷つけてしまうのでブラシ選びは注意しましょう。

ブラシの選び方

ブラシは柔らかい物を選びましょう。

硬いブラシを使うと革を傷つけてしまいます。

 

おすすめは山羊毛やぎげブラシ。

柔らかいので優しくホコリを落とすことができます。

⇨マットシュリンクモンジュにおすすめのブラシはこちら

ちなみにフランスシュリンクレザーの取り扱いはココマイスターのみで、他のブランドでは入手不可です。

\ココマイスター限定!フランスシュリンクショルダーバッグ/
売り切れの場合、再入荷まで最長6ヶ月かかります。
ご検討中の方はお早めに!

 

続いて内装の素材について見ていきましょう。

ウルトラスエード

手前のポケットには、日本が世界に誇る高機能素材『東レ ウルトラスエードHP』を採用。

ウルトラスエードの特徴は 軽い/丈夫/傷に強い/水に強い/お手入れ簡単 など、

とても扱いやすく、高級感のある素材です。

 

高級車/航空機/クルーザーの内装などに使用されるハイクラスな素材を贅沢にもショルダーバッグのサブポケット内に使用しているのです。

リモンタとは?

メインポケットにはサラサラとした質感のリモンタマテリアルを採用しています。

素材を作っている『リモンタ社』はイタリアの高級生地屋として1893年に創業。

 

数々の高級ラグジュアリーブランドにも生地を提供しています。

  • エルメス(HERMES)
  • ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)
  • プラダ(PRADA)
  • グッチ(GUCCI)

などのハイブランドからも信頼されており、高級感を丈夫さを兼ね備えた生地を作り続けています。

 

マットシュリンクモンジュで採用されている素材は、サラサラとした質感で汚れに強く、高級感と強度があります。

革と同じほどコストがかかる素材で、内装にも手を抜かないココマイスターらしい素材選びと言えます。

 

では鞄で一番肝心の収納面はどうなのでしょうか?

収納はどう?iPadやKindleは入る?

一番気になる収納部分について

マットシュリンクモンジュの内寸は

タテ20cm
ヨコ28cm
厚み8cm

このサイズにどんな物が入るのか見ていきます。

500mlのペットボトル

500mlのペットボトルの高さはだいたい21cm

鞄の最大横幅が28cmなので余裕で入りますが、他の物と一緒に入れると窮屈になりそうです。

iPad10.2インチ

10.2インチのiPad タテ25cm×ヨコ17cm

厚みも1cm以下なので余裕で入ります。

Kindle Oasis

キンドル読書用端末で一番大型のOasis

大きさはタテ16cmxヨコ14cm なのでKindlePaperシリーズはすべて余裕で入ります。

 

仕事などでは収納力に不安があるサイズではあります。

しかし、お出かけや旅行のサブバッグとしては非常に使い勝手のいい大きさです。

ショルダーベルトを外してセカンドバッグにできるので、パーティーなどのフォーマルシーンで持っても違和感のない鞄です。

売り切れの場合、再入荷まで最長6ヶ月かかります。

まとめ|マットシュリンクモンジュはカジュアル派な大人におすすめ!

マットシュリンクモンジュはショルダーバッグとセカンドバッグ

2つの使い方ができる鞄です。

 

価格が10万円を超えるので悩むところだと思いますが、使えるシーンの多さを考えるとかなりコスパの良いショルダーバッグと言えます。

鞄に使われてるフランスシュリンクレザーも傷や汚れに強く、美しい状態を長く保ったまま使えます。

もし、使用中に不具合が出ても、修理保証があるので安心して使い続けられます。

※修理保証を受けるには条件があります。詳しくはこちら

 

「思った色じゃない」「ちょっと小さい」「初期不良があった」

など、どんな理由でも返品交換もできるので安心して購入できます。

⇨ 返品交換制度については詳しくはこちら

 

\ココマイスターオリジナル鞄!/
売り切れの場合、再入荷まで最長6ヶ月かかります。
トップへ戻る