これってキズ?オークバークの白い模様な何なの?【ココマイスター】

オークバークの表面って傷だらけに見えるんだけど・・・

買っても大丈夫なのかな?

ココマイスターで販売しているオークバークレザー

実はこのオークバークレザーで財布やカバンを作っているのはココマイスターしかありません。

とっても希少価値の高い革なのですが、写真を見てみると

『白い!傷だらけ?』

地面に擦り付けたような白い線がたくさんついています。

これってキズなんでしょうか?

ホントのところを調べてみたのでご紹介します。

オークバークは新品でも傷だらけ?

早速結論を書くと、この白い擦り傷のような模様は傷ではありません

オークバークを作るときに染み込ませたロウが浮き出たものです。

使い込んでいくうちに馴染んで白い模様は消えて見えなくなります

傷ではないので安心して購入しても大丈夫です。

オークバークのロウは拭き取らないほうがいい理由

オークバークの表面のロウはそのまま使っていても取れてくるので、取らなくても大丈夫です。

ロウが馴染んで薄くなっていく様子をエイジングとして楽しむ人もたくさんいます。

ブルームには撥水効果がある

オークバークに含まれるブルーム(ロウ)はワックスなので、ある程度の水分なら弾いてくれます。

ワックス(蝋)は撥水の役割があり、白いロウが出ている間は特別なケアは必要ありません

ロウを取ったほうがいいことも!

ブルームは使っていると自然に馴染むので無理に取る必要はありませんが、場合によってはロウを取ったほうがいいこともあります。

その場合というのが、服にロウを着けたくないとき

写真はオークバークの鞄を膝に乗せた時についたロウです。

オークバークのロウは布で擦れば簡単に取れる反面、服に付きやすいです。

ズボンを叩けば簡単に取れるので、そこまで気にする必要はありませんが、カバンを買う時は注意しましょう。

口コミ(オークバークのロウについて)

オークバークの歴史に深く感動して購入を決めました!
色は悩んだ末にワインバレルにしました!
革の表面のロウも使っている内に目立たなくなってきているものの手触りではまだロウの感覚なのかしっとりしていて手に馴染んできてているなぁと感じます!
今の所まだクリームなどを使ってのメンテナンスはまだ何もしておらずに時々布で優しくカラ拭きする程度に留めています。
これからどのように経年変化をして行くのかを楽しみに大切に扱っていきたいと思います!

レディースのお財布や一目で何処のブランドか判るお財布は好きではなく、新しくお財布を新調するにあたり、かなりネットで調べていたら、ココマイスターさんのHPに出会いました。どのお財布も素敵で、とても迷いましたが、オークバーク ウェスターリーのボルドーに決めました。茶に近い落ち着いた色合いで、女性でも違和感なく持てると思います。まだ使い始めて1ヶ月経っていませんので、時折表面にロウが浮いたようになりますが、カード入れの部分はロウの出方で同じ皮なのに表情が変わってパッチワークのような味わいあります。お財布のお手入れをする曜日を決めて楽しんでいます。
「素敵ですね。どこのお財布ですか?」と尋ねられることが数回ありました。

コードバンと悩みましたがオークバークの質感と経年変化に期待して購入させて頂きました。
何とも言えないザラツキと表面についたロウがいいアジを出してくれそうで非常に楽しみです。
使い勝手もまだなじんでないので固いですが細かいところの作りにはさすがメイドイン日本。
職人さんのもの作りに感心しつつ大事に使用して自分の色に染めていこうと思います。
転職祝いという事で妻からのプレゼントというのも私にしかわからない価値感ですね。

まとめ オークバークの白いのは傷ではない!

オークバークブリストル(ワインバレル)

オークバークの白色の模様は傷ではなくブルーム(ロウ)です。

写真では擦り傷に見えますが、実際は表面にロウが付いているだけで、コットンなどで擦れば簡単に取れます。

⇒オークバークのロウ落としに最適なコットンクロスはコレ!

このロウがあることで、ある程度の撥水効果や保革効果があり、新品時はお手入れが不要になります。

ロウが取れたら防水スプレーでケアする必要があります。

⇒オークバークと相性のいい防水スプレーはコレ!

ロウがあることで撥水効果や保革効果が得られるので、個人的にはロウはそのまま自然に取れるのを待った方がいいと思います。

ロウが馴染んでいく様子も美しいので、ぜひエイジングを楽しんでもらいたいです。

 

 

おまけ 英国王室に納められた財布

あまり知られていませんが、オークバークのある財布が英国王室に納められたのをご存知でしょうか?

2018年にイギリスの老舗タンナーが英国女王賞という栄誉ある賞を受賞しました。

そのタンナーの革を使った製品を代表するブランドとしてココマイスターが選ばれ、オークバークのあの財布がケント公爵に手渡されたのです。

英国王室に納められたオークバークの財布を知りたい方は下のリンクをどうぞ。

▼取り扱いはココマイスターしかありません▼
トップへ戻る