どっちがいい?オークバーク ワイルドビショップとウェスターリーの違いを解説!

2020年11月26日22時より、ココマイスターで売り切れていた商品が再販売されます。

販売後数分で売り切れる希少なアイテムもあります。

詳しくは公式HPをチェックしてみてください。

⇨ココマイスターの再販売情報はこちら

オークバークシリーズのワイルドビショップとウェスターリー

は同じかぶせ蓋タイプの財布です。

値段も同じ、ぱっと見の見た目も同じ

一体どこが違うのでしょうか?

結論を書くと

サイズと収納力が違う!

スーツのポケットに入れて使う人は薄型のワイルドビショップ

収納力重視でカバンに入れて使う人は厚めのウェスターリー

個人的にはワイルドビショップがおすすめです。

ウェスターリーは普通の人には収納が多すぎます。

日頃から100万円ほど持ち歩く人はウェスターリーがいいです。

多く入れても30万円の人にとってウェスターリーの容量は大きすぎます。

ジャケットのシルエットも崩しにくい薄型なのでスーツを着て使う人は絶対に『オークバークワイルドビショップ』がおすすめです。

【スーツで決めたいなら!】
オークバークワイルドビショップの在庫を確認する

今ならこのサイトから購入、口コミ掲載で2600円分のポイントプレゼント中!

徹底比較!ワイルドビショップVSウェスターリー

まずはオークバークワイルドビショップとウェスターリーの比較表を簡単にまとめたのでご覧ください。

 ウェスターリーワイルドビショップ
価格70000(税込)
カラーイングリッシュオーク、オイルブラウン、ブラックリーフ、チャコールウッド、ウッドバーン、オークネイビー、ワインバレル、イングリッシュオークⅡ、オイルブラウンⅡ、ブラックリーフⅡ
サイズ

縦9.5㎝×横19.3cm×厚さ2.5cm

開いた時19.4cm

縦9.5㎝×横19.2cm×厚さ2.2cm

開いた時19.7cm

重さ160g144g
カード入れ15枚13枚
フリーポケット4か所3か所
素材

オークバーク(英国)、内装の一部にヌメ革

2つの財布の違いをざっくりと見てみた結果。

ごつくて収納力重視ならウェスターリー

薄くてスタイリッシュさならワイルドビショップ

という結果になりました。

これからさらに詳しく写真付きで解説していくのでどうぞご覧ください。

ワイルドビショップとウェスターリーの寸法

ワイルドビショップ

⇧画像クリックで拡大⇧

ワイルドビショップ

縦9.5×横19.2×厚さ2.2cm

ウェスターリー

⇧画像クリックで拡大⇧

ウェスターリー

縦9.5×横19.3×厚さ2.5cm

縦横のサイズはほぼ同じです。

数値ではウェスターリーが0.1cm大きくなっています。

斜めに撮ってしまったのでサイズ感がわかりにくいですが、実寸は縦横はほぼ同じでした。

数値上はウェスターリーが0.3cm大きいです。

実寸では財布の上半分は同じくらいの厚さですが、下の部分はワイルドビショップの方がかなり薄くなっています。

マチが薄いことでかなりスマートな印象になるワイルドビショップ、ジャケットを着る人にはとてもおすすめのサイズ感です。

逆にウェスーリーはしっかりしたシルエットです。

厚みのあるしっかりした財布を求めているならおすすめです。

収納力の違い

カード入れ

ワイルドビショップは13枚

ウェスターリーは15枚

2枚差です。

どちらも10枚以上カードを入れられます。

クレジットカードやキャッシュカードなど

厚手のカードをたくさん入れると

財布が分厚くなってしまうので

この2枚の差は考えなくてもいいでしょう。

札入れ

ワイルドビショップとウェスターリーの最も大きな違いはココです。

札入れの厚みがまったく違います。

ワイルドビショップ

ワイルドビショップはシルエットを崩さないためには

30枚ほどにしておいた方がよさそうです。

ウェスターリー

画像を見たらお分かりの通り

ウェスターリーは札入れはかなり余裕があります。

約100枚収納できる札入れです。

重さの違い

ワイルドビショップは144g

ウェスターリーは160g

その差は約16gです。

500円玉は1枚約7gなので

500円玉2枚ほどの差になります。

重さの差はほとんど気にならないです。

まとめ 早見表

 ウェスターリーワイルドビショップ
価格70000(税込)
カラーイングリッシュオーク、オイルブラウン、ブラックリーフ、チャコールウッド、ウッドバーン、オークネイビー、ワインバレル、イングリッシュオークⅡ、オイルブラウンⅡ、ブラックリーフⅡ
サイズ

縦9.5㎝×横19.3cm×厚さ2.5cm

開いた時19.4cm

縦9.5㎝×横19.2cm×厚さ2.2cm

開いた時19.7cm

重さ160g144g
カード入れ15枚13枚
フリーポケット4か所3か所
素材

オークバーク(英国)、内装の一部にヌメ革

※価格や仕様は変更になる場合があります。詳しくは公式サイトをご確認ください。

結局どっちがいいの?

ジャケットをよく着る人は薄いワイルドビショップの方がおすすめです。

しかし同じ値段でもウェスターリーの方が圧倒的に風格があって高級感があります。

重厚で風格のあるウェスターリーの方が大人の男の財布という感じで格好いいです。

ポイントたくさん!

今なら二種類の財布どちらでも
リンク先から購入&口コミ掲載で2600円分のポイントプレゼントキャンペーン中!

スーツの内ポケットに入れる人はワイルドビショップがおすすめです!

少しでも軽い方がいいならワイルドビショップです。

薄型なので上着の内ポケにすっと入れられます。入れた時にジャケットの型崩れも少ないです。

重厚感のあるクラシカルな財布がいい方はウェスターリーがおすすめです。

お札をたくさん入れる機会がある人は絶対にウェスターリーです。

また圧倒的にウェスターリーの方が見た目の高級感があります。

おまけ オークバークブリストルもかっこいい!

オークバークシリーズで最も重厚感があって高級な財布です。

価格は73000円と高価ですが、その風格は圧巻です。

今回紹介した2つと3000円差なので

ファスナーの付いた財布でも抵抗がない方は

オークバークブリストルの方が高級感があって超絶おすすめです。

オークバークでも一番人気の商品なので売り切れの可能性大です。

詳しくは下のリンクから確認してください。

ここから購入、口コミ掲載で2690円分のポイントプレゼント中!
トップへ戻る