どう違う?ブライドル アルフレートウォレットとインペリアルウォレット おすすめはどっち?

2020年9月21日22時より、ココマイスターで売り切れていた商品が再販売されます。

販売後数分で売り切れる希少なアイテムもあります。

詳しくは公式HPをチェックしてみてください。

⇨ココマイスターの再販売情報はこちら

ブライドルシリーズのアルフレートウォレットインペリアルウォレットは同じかぶせ蓋タイプの財布です。

値段も同じ、ぱっと見の見た目も同じ

 

一体どこが違うのでしょうか?

 

結論を書くと

サイズと収納力が違う!

スーツのポケットに入れて使う人はアルフレートウォレット

収納力重視でカバンに入れて使う人はインペリアルウォレット

がおすすめです。

⇒スーツを着るなら!ブライドルアルフレートウォレットの詳細はこちら 

 

⇒容量重視で!ブライドルインペリアルウォレットの詳細はこちら

 

アルフレートウォレットとインペリアルウォレットの寸法

アルフレートウォレット

インペリアルウォレット

サイズが違う

アルフレートウォレット

縦9.5×横19.2×厚さ2.0cm

インペリアルウォレット

縦9.3×横19.1×厚さ2.6cm

 

インペリアルウォレットの方が縦横幅が小さいです

しかし厚みが6mmほど厚くなっています。

なぜ厚みに6mmもの差があるかというと

収納力がまったく違うからです。

収納力の違い

カード入れ

アルフレートウォレットは11枚

インペリアルウォレットは13枚

 

2枚差です。

 

どちらも10枚以上カードを入れられます。

クレジットカードやキャッシュカードなど

厚手のカードをたくさん入れると

財布が分厚くなってしまうので

この2枚の差は考えなくてもいいでしょう。

 

札入れ

アルフレートウォレットとインペリアルウォレットの最も大きな違いはココです。

札入れの厚みがまったく違います。

 

アルフレートウォレット

アルフレートウォレットはシルエットを崩さないためには

30枚ほどにしておいた方がいいそうです。

 

インペリアルウォレット

インペリアルウォレットはなんと約100枚も収納可能です。

 

普段から大金を持ち歩く人はインペリアルウォレットがいいかもしれませんね。

 

フリーポケット

レシートや切符を入れるのに便利なフリーポケットですが、

アルフレートウォレットは3か所

インペリアルウォレットは4か所

正直3か所もあれば十分かと思います。

 

重さの違い

アルフレートウォレットは135g

インペリアルウォレットは170g

その差は35gです。

 

500円玉は1枚約7gなので

500円玉5枚ほどの差になります。

 

500円5枚分というと結構な差と思いますが

カバンに入れたり、ポケットに入れている人がほとんどなので

気にしなくても大丈夫そうです。

まとめ 早見表

アルフレートウォレットインペリアルウォレット
価格31500円31500円
サイズ縦9.5

横19.2

厚さ2.0cm

縦9.3

横19.1

厚さ2.6cm

カード入れ11枚13枚
札入れ約30枚約100枚
重さ約135g約170g

 

※価格や仕様は変更になる場合があります。

詳しくは公式サイトをご確認ください。

 

結局どっちがいいの?

厚みが薄いアルフレートウォレットの方が使いやすいと思います。

カードはどちらもたくさん入りますが、10枚も入れたら財布が分厚くなって使いづらくなるかもしれません。

フリーポケットは3か所もあれば十分でしょう。

お札は100枚も入れるでしょうか?アルフレートウォレットでも30枚入るので十分です。

 

 

スーツの内ポケットに入れる人はアルフレートウォレットがおすすめです!

スタイリッシュに決めたい人は絶対にアルフレートウォレットです。

【公式】ブライドルアルフレートウォレットの詳細 

 

とにかく容量が重要!という人はインペリアルウォレットがおすすめです!

お札をたくさん入れる人は絶対にインペリアルウォレットです。

【公式】ブライドルインペリアルウォレットの詳細

 

おまけ ブレンデルウォレットとの違い

ブレンデルウォレットは札入れタイプなので

小銭入れがありません。

普通の財布を購入するつもりで間違って購入しないように気を付けましょう。

 

【公式】ブライドル製品一覧を見る

トップへ戻る