オークバーククロスウォールと同時に買うべきメンテ用品はコレ!【ココマイスターのメンテナンス】

2020年11月26日22時より、ココマイスターで売り切れていた商品が再販売されます。

販売後数分で売り切れる希少なアイテムもあります。

詳しくは公式HPをチェックしてみてください。

⇨ココマイスターの再販売情報はこちら

オークバーククロスウォールの在庫は残りわずか。

次回入荷は未定で数か月後になる可能性が高いです。

ご検討の方はお早めに!

オークバークでできた薄型アタッシュケース

『オークバーククロスウォール』

とても高級感がありながら、男らしいアタッシュケースです。

 

オークバーククロスウォールと一生モノとして付き合っていくならメンテナンスは必要になります。

 

今回はオークバーククロスウォールのお手入れに必要なアイテムをご紹介します。

⇒オークバーククロスウォールを最安値で購入するならこちらから!

 

これだけ買っとけばOKなメンテ用品一覧

◆コロニル ファインポリッシングブラシ

◆コロニル ウォーターストップスプレー

◆コロニル シュプリームクリーム

◆コロニル ポリッシングブラシ 2枚

下のリンクをクリックでメンテ用品すべての詳細を確認できます。

▼オークバーククロスウォールと相性抜群のメンテ用品はこちら▼

 

ファインポリッシングブラシでホコリ落とし

財布と違ってカバンはとてもホコリが詰まりやすいです。

例えば

●錠前や金具部分

●取っ手の付け根

などは財布にはなく非常に汚れが溜まりやすい箇所です。

ホコリを落とすことで革の美しさを保つことができます。

 

ホコリや汚れはカビの原因となります。

カビが生える要因を一つでも減らすことが、革の健康には欠かせないことなのです。

 

カバンを持ち出した日、

部屋に置いていてホコリが溜まってきたら

ブラッシングするようにしましょう。

ファインポリッシングブラシの詳細はこちら>>

ウォーターストップスプレーで防水加工

革にとって一番の大敵が水です。

水に濡れるとシミになったり、水ぶくれになったり

最悪の場合、カビが生えることもあります。

 

カビが革の奥まで根を張ると完全に取り除くことは不可能です。

なので、カビを発生させないように防水ケアはしっかり行いましょう。

 

シュプリームプロテクトスプレーは量が少ない

ココマイスターで購入できる防水スプレーにはもう1つ

『シュプリームプロテクトスプレー』があります。

 

このスプレーは革の栄養補給と防水加工を同時に行えるスプレーです。

つまり『シュプリームクリーム』と『ウォーターストップスプレー』がこれ1つでできるのです。

とても便利なスプレーなのですが、量がとても少ないです。

 

財布などの小物なら使いやすいのですが、

大きなカバンですと、すぐに無くなってしまうので

コスパを考えたら、クリームと防水スプレーは分けて購入するほうがおすすめです。

ウォーターストップスプレーの詳細はこちら>>

表面のブルーム(白いロウ)が馴染んで見えなくなってから防水スプレーをかけてください。ブルームがあるうちに防水スプレーをかけると白い皮膜が残る場合があります。

シュプリームクリームで保革

水分に弱い革ですが、乾燥にも非常に弱いです。

乾燥が進むと表面がひび割れてバリバリになります。

 

一度革がひび割れると、お手入れで元に戻ることはありません。

そうならない為にも、革がカサついてきたなと思ったら段階で保湿してあげる必要があります。

 

オークバークのブルーム(白いロウ)には保湿効果があるので白いロウが見えなくなって、乾燥してきたら保湿してください。

シュプリームクリームの詳細はこちら>>

クリームの塗りすぎると、色移りになります。またカビや革の風合いを損ねる原因にもなるので慎重に行ってください。乾燥していない状態で塗らないようにしましょう。塗りすぎてしまった場合、柔らかい布でよく拭き取って、余分なクリームを取り除いてください。

ポリッシングクロスは2枚あると便利

■クリームを塗り込む用

■乾拭き用

に使用します。

 

クリームを塗り込むのは指でもできるのですが、大きいカバンだとかなり時間がかかります。

少しずつクロスにつけて革に塗り込んでいくようにした方が早くて楽です。

 

 

乾拭きは革の光沢を出すために必要です。

革靴磨きという職業があるほど『磨き』というのは美しさに直結します。

またクリームを塗った後、塗りすぎたクリームを取り除くにも使用します。

ポリッシングブラシの詳細はこちら>>

内装のウルトラスエードのメンテ用品

◆エチケットブラシ

◆きれいな布

エチケットブラシでホコリを取る

東レのウルトラスエードは水に強く、軽くて汚れにくい素材ですが、どうしてもホコリやごみ付きます。

エチケットブラシで軽くなでてホコリを取ってあげましょう。

 

大きいブラシだと鞄の角に届かないので小さいブラシの仕様をおすすめします。

楽天に小さいエチケットブラシがあったので紹介します。

 

エチケットブラシ ポケット型 P37 黒(1コ入)【エチケットブラシ】

お湯で濡らした布で汚れを拭き取る

オークバーククロスウォールの内装に使われているウルトラスエードは明るいオレンジ色なので汚れてくると目立ちます。

全体的な汚れを落とすには

40℃ほどのお湯を染み込ませて固く絞った布で拭き取れば大丈夫です。

乾いたら毛並みをエチケットブラシで整えましょう。

 

内装の革もメンテナンしよう

オークバーククロスウォールでは内装の一部にオークバーク革が使われています。

 

この部分も革のメンテナンスと同じように行ってください。

クリームをスエードにつけないように気を付けましょう。防水スプレーは多少かかっても大丈夫です。

メンテナンスしないと大変なことに!

繰り返しになりますがメンテナンスしないと革の風合いを損なったり、

最悪の場合は革が割れたり、カビが生えたりします。

そうなると素人のお手入れではどうにもならず、プロでも対処できないことも!

 

月に1度の防水ケアと日々のブラッシング、乾燥したらクリームを塗る

これだけで十分革を守ることができます。

大切なカバンを大事に使ってあげてください。

まとめ オークバーククロスウォールに必要なメンテ用品

オークバーク部分

◆ファインポリッシングブラシ

◆ウォーターストップスプレー

◆シュプリームクリーム

◆ポリッシングクロス 2枚

 

ウルトラスエード部分

◆エチケットブラシ

◆きれいな布

 

ココマイスター推奨アイテムを使おう

今回紹介したアイテムのほとんどはココマイスターの公式サイトで購入できる商品です。

間違ったメンテ用品を使用すると

・革の色が変わったり

・風合いを損なったり

革がダメになってしまいます。

 

ココマイスターで購入できるコロニル製のメンテ用品はすべての皮革シリーズでテストを行っており、相性のいい物として販売しています。

使用方法を間違わなければ革に異変が出ることはありません。

なのでココマイスターでカバンを購入するなら、メンテ用品と同時購入が絶対おすすめです。

▼オークバーククロスウォールと相性抜群のメンテ用品はこちら▼

 

トップへ戻る