【比較】ガンゾとココマイスター どっちがいい?おすすめ財布と鞄も紹介!

この記事では『GANZO』と『COCOMEISTER』どちらを選ぶのがいいか?

ブランドにどんな特徴があるのか?

ご紹介します。

 


この記事を見てもらえているということは『ガンゾ』と『ココマイスター』どちらを買おうか迷っていると思います。

結論から書きます。

 

どっちでもいい

これが答えです。

あなた自身が気に入った素材やデザインの物を選べばOKです。

 

僕も長財布を選ぶ時、ガンゾとココマイスターの2択になりました。

結局は珍しい構造だったココマイスターの札入れを購入しました。

▼クリックで詳細表示▼

 

お札をファイルのように挟むスタイルが珍しくて、この財布にしました。

このようにココマイスターでは、珍しいスタイルの財布や、他のブランドでは扱っていない革を使った製品がたくさんあります。

「他人と同じ財布・鞄は嫌だ!」

って人にはココマイスターがおすすめですよ。

ちなみに、僕は正規販売サイトで購入したのですが、最安値の上にポイント還元があり一番お得に購入できます。

▼ココマイスターの正規販売サイトはここだけ!▼

⇨【最安値】僕がココマイスターを購入した正規販売サイトはここ!

 

 

一方、ガンゾは正統派な素材の財布・鞄が多いです。

デザインはカジュアル寄りのアイテムが多い印象です。

 

実際、店舗で現物を見てみましたが、カジュアルで誰でも持てる財布が多かったです。

店舗自体もカジュアルでおしゃれな雰囲気で、ゆっくり商品を見れるのでおすすめです。

デパートなどでも取り扱っているので、どこでも購入できるのがメリットですね。

⇨【正規販売】ガンゾの公式サイトはこちら!

ガンゾとココマイスターを比較!

ココマイスターとガンゾを比較してどちらが自分にあっているか、確かめてみましょう。

デザインの違い

「ダサい」とか「かっこいい」は主観の問題なので、今回は省きます。

 

デザイン的にはほとんど変わりません。

どちらのブランドもクラシカルで正統派なデザインの財布が多いです。

 

傾向としては、

ガンゾの方がカジュアルな製品が多く、若い人でも気軽に持てるデザインの物が多い印象です。

GH5 ラウンドファスナー 長財布

 

もちろん正統派でスーツスタイルに合う製品もありますが、内装などの色使いはカジュアルな傾向が強いです。

 

 

一方、ココマイスターはほとんどの製品が紳士向け。

形はクラシカルなものが大半です。

そのかわり、色や形はココマイスターの方が多く

クラシカルだけど洒落感のある財布を探しているならおすすめです。

 

どの財布もスーツスタイルに似合うものばかり、シンプルですが洒落感があるので、愛用者には経営者や議員の方も多いそうです。

 

次はデザインではなく、素材についてご紹介します。

革素材の違い

両社とも欧州の会社の革を中心に、世界中から集めた革を使用しています。

素材は両社ともこだわり抜いています。

どちらも世界的に有名な革を使用しており、どちらも間違いない素材です。

  

ミネルバナチュラルシリーズ

Minerva Natural (ミネルバナチュラル)ファスナー長財布

自然な色味で柔らかい革を使用。自然な風合いのある革を求めてる人におすすめです。

 

GUD2シリーズ

GUD2 (ジーユーディー2)ラウンドファスナー長財布

ヴィンテージ風でムラ感のある革で、とても美しく使い勝手のいい革です。

 

ココマイスターの場合はタンナー(革を作る会社)を非公開にしているシリーズが多く、他のブランドでは見ることのない珍しい革が多いです。

例えば、

オークバークシリーズ

木目のようなろうが特徴のオークバークは、他のブランドでは一切取り扱っていない革です。

オークバークの財布は世界でもココマイスターでしか作っていません。

 

ベテルギウスシリーズ

自然の荒々しさを表現した色ムラのある革。他のブランドではほぼ取り扱っていません。

ブランド力

ブランドの歴史では、ガンゾの方が圧倒的に長いです。

しかし知名度でいうと、どちらもほぼ同じでしょう。

デパートで置いてある分、ガンゾの方がほんの少し有名だと思います。

 

世界的なブランドと比べると、どちらも知名度は低いです。

ただ、ココマイスターは銀座並木通や神戸オリエンタルホテル1階などの、一流の立地で店舗を構えているのでブランド力はココマイスターに軍配が上がります。

また、神戸オリエンタルホテル1階には『ルイヴィトン』や『バーニーズニューヨーク』などの世界的ラグジュアリーブランドが店舗を構えており、

ココマイスターは日本を代表する革製品ブランドと言えます。

品質の違い

品質には大きな差はありません。

どちらも普通に使う分には全く問題ない品質です。

 

ただ、どちらかというとガンゾの方が品質は良いようです。

コバ塗りや縫製など、どの部分を見てもガンゾは最高品質。

デザインや素材を気にせず、とにかく高品質な革製品が欲しい方はガンゾで間違いありません。

 

とはいえ、ガンゾの品質が良すぎるだけでココマイスターだけが劣っているわけではありません。

普通に使用する分にはココマイスターも十分高品質なので、デザインで決めても大丈夫です。

⇨高品質・最高級の革製品!ココマイスターを買うならここ!

 

価格の違い

価格は、同じ素材の財布ならガンゾの方が高いです。

例えばシェルコードバンシリーズ

 

ガンゾ シェルコードバン2 ラウンド長財布

183600円

ブラック

 

ココマイスター シェルコードバン・アーチデューク

120000円

 

ガンゾが183600円

ココマイスターが120000円

どちらも全く同じ革を使用していますが、6万円以上の差があります。

 

他にも似たような革の製品がありますが、全体的にココマイスターの方が手頃な価格設定となっています。

 

おすすめアイテム

ここでガンゾとココマイスターのおすすめ商品をご紹介します。

おすすめの財布

ガンゾ BRIDLE CASUAL (ブライドルカジュアル)ラウンドファスナー長財布

ヘーゼル
価格62640円
素材外側…ブライドルレザー
内側…ブライドルレザー
カード入れ8枚分
サイズ縦10.0cm×横19.5cm×厚さ2.5cm

内装と外装にブライドルレザーを使用した財布。

表面には蝋が浮き出ており、使い込むと蝋が馴染み光沢が出てきます。

 

ガンゾ CALF DEER2 (カーフディア2)長財布(ササマチ)

価格29160円
素材外側…カーフ
内側…カーフ
カード入れ6枚分
サイズ縦9.0cm×横19.0cm×厚さ1.3cm

とても柔らかく、ポケットに入れても革が曲がって柔軟にフィットします。

自然の風合いとしっとりとした肌さわりが心地良い財布です。

 

ココマイスター ポンテマットーネ・インペリウム

価格53600円
素材外側…マットーネレザー
内側…アマンデルレザー
カード入れ8枚分
サイズ縦10.2cm×横19.2cm×厚さ3.0cm

編み込みレザーは美しい長財布。

収納力が大きく、パスポートもすっぽり入ります。

 

ココマイスター カヴァレオ・ドゥマ

価格46700円
素材外側…シアギレザー
内側…シアギレザー
カード入れ14枚分
サイズ縦9.2cm×横19.0cm×厚さ2.0cm

クロムなめしで作られた光沢感のある革を使用。

経年変化をほとんどしなく、いつまでも新品のような美しい状態を保てます。

おすすめの鞄

ガンゾ BRIDLE (ブライドル) ブリーフケース

価格140400円
素材外側…ブライドルレザー
内側…人工スエード
サイズ縦31.0cm×横41.0cm×厚さ11.5cm

型がしっかりしたブリーフケース。

角が丸く、優しい雰囲気のある鞄です。

ビジネスシーンにとてもマッチします。

 

ココマイスター マルティーニ・レオナルド

価格152000円
素材外側…マルティーニレザー
内側…ウルトラスエードHP
サイズ縦31.0cm×横49.0cm×厚さ14.0cm

イタリア製オイルドレザーを使用したレザートート。

収納が大きく、15インチのPCも収納可能。

1、2泊の出張ならこなせる大容量です。

まとめ ガンゾとココマイスターどっちがいい?

ガンゾとココマイスター、どちらも購入して間違いない品質のブランドです。

デザインの気に入った商品を選べばOKですよ。

 

ちなみに『ガンゾ』『ココマイスター』ともに正規販売での購入がおすすめです。

保証やポイントが付きますし、何より最安値で購入できます。

ココマイスターはこんな人におすすめ
  • 上品な財布が欲しい。
  • リーズナブルで高級感のある財布が欲しい。
  • おしゃれでデザイン性のいい財布が欲しい。

 

ガンゾはこんな人におすすめ
  • 品質のいい財布が欲しい。
  • 百貨店で購入したい。
  • カジュアルな財布がほしい。

 

トップへ戻る