アタッシュケースの使い道!素材や大きさ別のメリット・デメリットをご紹介!

型がしっかりしていて重厚感のあるカバン『アタッシュケース』

素材は革、アルミ、合皮などが一般的です。

とってもかっこいいんですが、実際使い勝手はどうなのか?よくわからない人が多いと思います。

この記事ではアタッシュケースのおすすめの使い方やメリット・デメリットについて解説していきます。

 

そもそもアタッシュケースとは

アタッシュケースとは

書類を入れる箱型のビジネス用手提げかばん。中に書類を挟む仕切りがある。

(アタッシケースとも言う)

型がしっかりしたカバンなので、衝撃から中身を守ることができます。

さらにA4の資料も折らずに収納でき、ビジネス用途で使いやすいカバンです。

よく漫画やドラマなどでは、悪の組織同士の取引や人質解放のシーンで

教えて紳士
 

金は用意してあるんだろうな?

 
 

もちろん。ここにある。(ガバッ!)

といった感じで大金を詰め込んでいるあのカバンがアタッシュケースです。

2018年には、映画【キングスマン ゴールデンサークル】でも武器(マシンガン、防弾の盾)としてアタッシュケースが使われていましたね。

▼下の画僧 マシンガンの銃口が顔を出しています▼

View this post on Instagram

@bbtsがシェアした投稿

映画とかドラマで出てくるアタッシュケースはとってもかっこいいんですけど、実際いろいろな使い道があります。

一言にアタッシュケースといっても素材や大きさ、中の構造で使い道が大きく異なります。

 

最初にそれぞれの大きさと素材でおすすめの用途を簡単にまとめてみたのでご覧ください。


大型中型小型薄型
本革旅行、出張ビジネス、出張パーティ、フォーマルビジネス
アルミ機材・工具入れ機材・工具入れ工具入れ×
合皮出張ビジネスプライベートビジネス

 

今回は素材や大きさ別で異なるアタッシュケースの使い道やメリット・デメリットをもう少しだけ掘り下げてご紹介していきます。

素材

革、アルミ、合皮、ナイロン、ポリカ、etc.

アタッシュケースの素材はいろいろあります。

 

今回は『革』『アルミ』『合皮』を紹介します。

 

本革

革素材は非常に高級感があり、所有感を味わえます。

木枠に革を貼り付けている製品が多く、高級品が多いです。

 

高級感、所有感を楽しめますが、非常に高価なアイテムが多くなります。

また、水分や乾燥に弱いので手間のかかる素材ではあります。

 

実は、革製のアタッシュケースを作っている国内メーカーはとても少ないです。

調べてみても数社しか見つかりません。

中でも革の質や品質、商品の種類が多いブランドを見つけたのでご紹介します。

\国内屈指の革製アタッシュケースのおすすめブランド/

アルミ(ジュラルミンケース)

アルミ製のアタッシュケースは非常に丈夫。

重さは革製と同等か少し軽い程度です。

 

頑丈で使い勝手がよく、幅広い用途で使われます。

書類より工具などを入れることが多いアタッシュケースです。

 

合皮

本革と比べると、軽い/安いのが特徴です。

傷や水にも強いですが、高級感は劣ってしまいます。

また、本革は使い込むごとに味が出るのに対し、合皮はべたつきなどが出てしまいます。

 

数千円~数万円の程度で初めてのアタッシュケースにはおすすめです。


本革、アルミ、合皮の中で一番おすすめは本革製。

高価で扱いに気を遣う必要がありますが、その高級感は圧倒的です。

 

もしアタッシュケースを検討中なら、少し奮発して最高級のレザーアタッシュを持ってみてもいいかもしれませんね。

大きさ

一言にアタッシュケースといっても、その大きさはさまざまです。

大きさによってその用途も変わってきます。

 

『大型』『中型』『小型』『薄型』のアタッシュケースの用途をご紹介します。

 

旅行に最適な大型アタッシュ

数日分の着替えや、パソコンなどがすっぽりと入ります。

もちろん重量も大きくなりますが、長期の旅行でも使えるので旅好きの方にはおすすめです。

 

出張でも使えますが、リタイアしたおじ様が旅行で持つのが一番かっこいいと思います。

さまざまな使い方ができる普通サイズアタッシュ

ビジネスユースと相性ピッタリなサイズです。

15インチのPC、書類、A4ファイルなどなど仕事に必要なものはすべて入ります。

 

ちょっとした旅行や出張ならこなせますし、一番使い勝手のいいアタッシュケースです。

パーティーやフォーマルで活躍する小型アタッシュ

A4ファイルなどは入らないので、ビジネス向けではありません。

財布やスマホなど、必要最低限のものを持ち歩く鞄となります。

 

パーティーやフォーマルシーンで持つのに最適なサイズのアタッシュケースです。

ビジネスシーンで使いやすい薄型アタッシュ

書類やファイルを入れるのに特化したビジネスアタッシュケースです。

薄型PCを入れることもできるので、ビジネスをスマートにこなせるアイテムです。

 

エグゼクティブなビジネスマンなら1つは持っておきたいサイズのアタッシュケースです。

\経営者・ビジネスマンにおすすめ!/

アタッシュケースの使い道はさまざま!ビジネスなら革製を!

アタッシュケースの使い道は大きさや素材、内装によって様々です。

一番よく使われるのがビジネス用途でしょう。

 

アタッシュケースを持っているビジネスマンはとても少なく、客先にもっていけば会話が弾むこと間違いなしです。

もちろん安っぽい素材の鞄ではだめですが…

 

工具などを持ち歩くなら、アルミ素材のケースがおすすめ。

重たくて硬い道具を入れるのに、革製・合皮製はもったいない気がします。

アルミなら外からの衝撃に強く、中で物が暴れても頑丈な素材なのでビクともしません。

 

ビジネス用途なら革製・合皮製がおすすめ。

とりあえずアタッシュケースを使ってみたいという人は合皮製。

高級で一生モノとして使っていきたい人は本革製がおすすめです。

 

最初に紹介したアタッシュケースのサイズと素材についてのまとめをもう一度掲載します。

▼サイズと素材別の用途▼
大型中型小型薄型
本革旅行、出張ビジネス、出張パーティ、フォーマルビジネス
アルミ機材・工具入れ機材・工具入れ工具入れ×
合皮出張ビジネスプライベートビジネス

 

ビジネス用途なら本革か合皮製の中型アタッシュケースにしましょう。

そして、素材や品質にこだわりたいなら、ココマイスターというブランドがおすすめです。

 

ココマイスターは世界各国の希少で上質な革を使い、

日本人職人の手で最高品質の革製品を作り続けるブランド。

 

価格は高いですが、品質やデザインは国内最高レベルのアタッシュケースを製造しています。

 

でもやっぱり革製のアタッシュケースは高い…

と思う方は、まず合皮のアタッシュケースを試してみるといいでしょう。

⇒合皮製アタッシュケースのおすすめショップはこちら

トップへ戻る