【キャッシュレス⇔現金】小銭もカードも入るおすすめの革財布を紹介!

仮想通貨/QRコード決済/電子マネー

今、世界はキャッシュレスの流れに乗りつつあります。

それは日本も例外ではありません。

今では財布を持ち歩かなくても日常生活は送れるようになりました。

実際、僕も財布は持ち歩きますがカバンから一切出さない日が多いです。

あり得ないことですが、明日から現金使用不可となっても今の財布を買い替えるつもりはありません。

僕が普段持ち歩いている物

現金…アマゾンで買ったL字ファスナー財布

重要なカード類…INDEEDのキーケース

ポイントカード…スマホアプリ

普段の生活はとにかく身軽になるようにしています。

コードバン王子
 

身軽にしたいなら”マネークリップ”でいいじゃん!

と思う人もいるでしょうが、マネークリップは小銭が入らないのがネックです。

お釣りの小銭をすべて募金したりできる人ならいいんでしょうが、僕は無理なので…

L字財布は現金(小銭)もかなり入るのでお釣りで小銭が増えてもOK。

お札も入るので現金のみの店でも問題ありません。

今回はキャッシュレスにも現金にも対応できる万能型財布『L字ファスナー』の魅力とカードも入れられるキーケースをご紹介します。

日本はまだ現金主義が続く

2019年に新札デザインは発表されて2014年には導入予定だそうです。

新しい500円玉もできますし、まだまだ現金を使わせるぞ!って感じがします。

災害の多い日本では停電の際にキャッシュレス決済できなくなることもあるので、現金への信用は根強いです。

(非常時でもお金を払う日本人が立派過ぎますね)

キャッシュレスで生活のすべてが賄えるようになっても現金は必ず生き残るでしょう。

現金⇨キャッシュレス移行期はコンパクトな財布がおすすめ

近ごろ、若者を中心にミニマリスト的な思想が広く浸透しており、持ち物もコンパクトにと小さな財布を持ち歩く人も多くいます。

ただコンパクトな財布がいいと言っても、小銭入れが無い・小さい財布は今の日本ではかなり使いにくいです。

例えば、ベルロイの財布は小銭が15枚(999円分)入るそうですが、小銭の出し入れが非常にやりづらい。

結局お札で払って小銭が入らなくなることが多くなります。

また、ちゃんと小銭を使ったとして、足りなくなった小銭は自宅で補充しなければいけません。

結局面倒になって小銭入れを持ち歩くというパターンがとっても多いです。

(財布の中の現金を完全に把握できる人にとっては使い勝手のいい財布ではあります。)

見た目と使い勝手にこだわるならL字革財布

僕がコンパクトでかっこよくて使い勝手のいい財布を求めて行き着いたのはL字ファスナーの革財布です。

L字ファスナー財布はお札を二つ折りにして収納することができ、小銭もかなり収納できるので普段使いで困ることはありません。

お札を15枚ほど入れていますが、財布が分厚くなることもなくスッキリ収納できます。

小銭も特に気にすることなく、「小銭を使える時は使う。」という程度で多くなっても問題なく使えています。

お札と反対側にはクオカードや割引券などを入れています。

薄手のカードならたくさん入りますし、使用頻度も低いので使い勝手が悪くなることもありません。

ポイントカード・ICカードはスマホアプリに

最近のiPhoneやアンドロイドにはおサイフケータイ機能がついています。

ApplePayやQuickPayを使えばコンビニや飲食店で現金を出す必要はありません。

また、スイカやピタパのような交通系ICカードも「モバイルスイカ」で代用できます。

モバイルスイカは残高が無くなればチャージしなければいけませんが、スマホだけでチャージ可能。

券売機に並ぶことは一切なくなりました。

ポイントカードも主要なカードはすべてスマホアプリがあります。

Tカード/ポンタカード/dカード/楽天ポイント/ヨドバシポイント

すべてアプリで管理して、すぐに起動できるようにしているのでカードを持ち歩くことはなくなりました。

使用頻度の高いカードはキーケースに入れるといい

使用頻度が高いカード、または肌身離さず持っていたいカードはキーケースに入れるのをおすすめします。

大きめのキーケースだとカードを2,3枚収納できるものもあります。

僕の場合、マイナンバーカードとキャッシュカードとクレジットカードを入れています。

おすすめL字革財布

ポケットに入り、鞄を持ち歩く必要がなくなるコンパクトL字財布。

カードもお札も小銭もすべて収納できるので、すべての場面で活躍すること間違いなしです。

ナポレオンカーフボナパルトL字ファスナー

今回紹介するL字財布の中で、唯一ロゴが表に押し出されているアイテムです。

ロゴがあることが、良いか悪いかは人それぞれですが、1つのポイントとなります。

カラー展開が多く外側と内側で色が違うパターンもあり、とてもおしゃれです。

ブランドココマイスター
価格10000円
サイズ横8.5㎝×縦11.5㎝×厚さ1.7㎝
重さ40g
素材オイルヌバック(イタリア産)
カラー展開9パターン

ポルタフォーリオ フォルマエッレ

金属の引手が美しいL字ファスナー財布です。

温かみのある素材感とシンプルなデザインで男女どちらが持ってもサマになります。

ロゴの主張もないので、ブランド嫌いの人でも持てますね。

カラーは3パターン。どれも温かみがあるさわやかな色味です、

ブランドアヤメアンティーコ
価格12000円
サイズ横9.5㎝×縦11.5㎝×厚さ1.5㎝
重さ60g
素材ミネルバボックス(イタリア産)
カラー展開3パターン

エッレ・コルト

先ほど紹介したL字財布と同様、金属製のファスナーが美しいです。

カラーは2種類で、どちらもシックで落ち着いた色味。

大人の色気たっぷりの上質L字革財布です。

ブランドアヤメアンティーコ
価格17000円
サイズ横9.5㎝×縦11.5㎝×厚さ1.5㎝
重さ60g
素材トラモント(イタリア産)
カラー展開2パターン

2PiS L字ファスナー

今回紹介するアイテムの中で最も安いL字財布です。

安さのせいか、ファスナー周りが若干荒いように見えますが、使用には全く問題ないです。

新品時は色移りが激しいので、最初は大事な物は入れないようにしましょう。

ブランド2PiS
価格1980円
サイズ横9.5㎝×縦11.5㎝×厚さ1.7㎝
重さ56g
素材イタリアンレザー
カラー展開6パターン

カードを入れられるキーケース

キーケースは家から出るときに必ず持ち歩くアイテムです。

クレジットカードやキャッシュカードを入れておけば、キーケース1つで外出できます。

とても便利に使えるのですが、大事なカードを入れる場合、紛失盗難だけには気をつけましょう。

オークバーク・ボールドウィン

素材や高級感は妥協したくない!

という人はこのキーケースがおすすめです。

キーケースの外側とキーリングの裏側にカードポケットを備えています。

このオークバークレザーを使用したキーケースは世界でもこれしかありません。

お値段が張りますが、珍しい物好きの人にはたまらないでしょう。

ブランドココマイスター
価格30000円
サイズ横7.2㎝×縦11.1㎝×厚さ1.8㎝
重さ62g
素材オークバークレザー(イギリス産)
カードポケット2枚分
カラー展開7パターン

ジョージブライドル・キーケース

英国最高級のブライドルレザーを使用した贅沢なキーケースです。

キーケースの表と内側は同じブライドルレザーを使用。

先ほど紹介したオークバークボールドウィンと同様、2つのカードポケットを備えています。

シンプルで上質なキーケースなので、誰でも持てるアイテムです。

ブランドココマイスター
価格26000円
サイズ横7㎝×縦11.1㎝×厚さ2㎝
重さ62g
素材ブライドルレザー(イギリス産)
カードポケット2枚分
カラー展開6パターン

インディード キーケース(6連鍵入れ) ボルサ

エイジングが美しいイタリアンオイルレザーを使用したキーケース。

見えないところは合皮を使っていますが、耐久性は問題なしです。

キーフックとは別に大きなリングがあります。

車の鍵やウォレットチェーンを付けるのに適しています。

とてもシンプルで使い勝手のいいキーケースです。

ブランドインディード
価格9720円
サイズ横7㎝×縦10㎝×厚さ2㎝
重さ非公開
素材イタリアンオイルレザー(イタリア産)
カードポケット4枚分
カラー展開4パターン

キャッシュレス社会に適応中!僕の持ってる財布はコレ!

キャッシュレスに片足突っ込んだ僕が選ぶ。

  • 『キャッシュレスと現金どちらでも対応できる革財布』
  • 『大切なカードを入れても安心なキーケース』
  • 『キャッシュレス社会にふさわしい薄い札入れ』

をご紹介します。

現金は『2PiS L字ファスナー』

現金は『2PiS L字ファスナー』の収納例

現金はほとんど『2PiS L字ファスナー』に入れています。

写真では15枚ほどお札を入れて、反対側に商品券や割引券などを収納。

小銭はある程度溜まると、財布が重たくなりますが厚みはそこまで気になりません。

ただ、最も問題なのは色移り。

新品時は色移りがすごいので注意が必要です。

色移りしたカード

重要なカード類は『インディードのキーケース』

キーケースには鍵や仕事で使うUSBメモリを常につけています。

カードはマイナンバーカード、免許証、クレジットカード、キャッシュカードを入れています。

超重要なカードばかりなので無くしたら大変。

だからキーリングにウォレットコードを取り付けてベルト通しに引っ掛けて持ち歩いています。

ポイント・交通系カードはスマホアプリ

ほとんどのポイントはスマホに全部入っています。

店によっては「モバイル使えないんです。」

と言われることもありますが、その時は諦めます。

 

スマホでクイックペイやモバイルSuica、ポイント類に慣れれば、わざわざカードを持ち歩く必要もありません。

ただし、これも紛失すると大変なことになります。

鞄を持ち歩く日はココマイスターの長札入れ『マットーネサンクロセラ』

誰かと出かけたり、旅行に行くときは絶対に現金が必要になってきます。

そんな場合でもL字財布があれば十分なのですが、僕は念の為に長財布を鞄に入れています。

この財布はココマイスターの札入れ【マットーネ・サンクロセラ】

普通の財布と違って、札入れ部分はファイルのように挟むスタイルです。

ここにはお札と予備のクレジットカード・キャッシュカードなどを入れています。

こんな構造だと『お札が財布から抜け落ちてしまいそう』と思うでしょうが、全く問題ありません。

しっかりホールドしてくれるので、適当にお札を入れても財布から出てくることはありません。

 

高級な革製でこのタイプの札入れは珍しく、他のブランドで見つけることはできませんでした。

厚みは1.4cmと鞄に入れても、ポケットに入れても邪魔にならず持ち運べます。

まさに現金からキャッシュレスに移行していく今の時代にぴったりな札入れです。

 

まとめ キャッシュレス移行期の財布のあり方

仮想通貨やQRコード決済で今後ますますキャッシュレス化が進んでいくと思われます。

でも現段階ではまだ現金の方が主流。

お金のあり方が大きく変わりつつある今こそおすすめなのが、

  • 『現金を入れるL字ファスナー』
  • 『重要カードを入れるキーケース』
  • 『ポイント類をまとめるスマホ』

の3つを使い分けること。

 

特にL字ファスナー財布は使い勝手がいいので、まだ使ったことがない人はぜひ一度使ってみてください。

キャッシュレス社会の予行練習にもなりますしね。

今回紹介したアイテム

小型財布

ベルロイ

コンパクトすぎるため、小銭入れの使い勝手が犠牲になっている感は否めません。

L字ファスナー革財布

ナポレオンカーフボナパルトL字ファスナー

日本では希少な革を使用。品質もいいですが在庫切れがよくあります。

ポルタフォーリオ フォルマエッレ

上質なミネルバボックスを使用。さわやかな色味と美しい金属製の引手が目を惹きます。

エッレ・コルト

渋みのある色味とシンプルなフォルムなので、大人の男女におすすめです。

2PiS L字ファスナー

アマゾンで購入できる格安L字ファスナー財布です。色移りには気をつけましょう。

グレーネイビー

キーケース

オークバーク・ボールドウィン

オークバークを使用したキーケースは世界でもこれだけ!希少なアイテムが欲しい人におすすめです。

ジョージブライドル・キーケース

世界最高級のブライドルレザーを使用。シンプルでカラーバリエーションが多いのが特徴です。

ジョージブライドル・キーケース
インディード キーケース(6連鍵入れ) ボルサ

カードが4枚入り収納力抜群。ウォレットチェーンなどが付けられるので紛失のリスクを軽減できます。

札入れ

マットーネ・サンクロセラ

小銭入れのない薄型札入れ。お札をファイルのように挟む珍しいデザインが特徴です。

トップへ戻る