【比較!】マルティーニオーモンドウォレットとクラブウォレットどっちがおすすめ?違いは何?

2020年5月25日22時より、ココマイスターで売り切れていた商品が再販売されます。

販売後数分で売り切れる希少なアイテムもあります。

詳しくは公式HPをチェックしてみてください。

⇨ココマイスターの再販売情報はこちら

この記事では”マルティーニオーモンドウォレット”と”マルティーニクラブウォレット”の違いをご紹介します。

 


マルティーニシリーズで一番の人気長財布の『マルティーニクラブウォレット』

小銭入れがL字ファスナーになっている『マルティーニオーモンドウォレット』

 

どちらも人気の財布ですが、

 

どっちが使いやすいか?

どっちがおすすめか?

 

迷っている人の為に少しまとめてみました。

 

最大の違いは財布の形

オーモンドウォレット

クラブウォレット

写真を見ればわかりますが、

・オーモンドウォレットは折タイプ長財布

・クラブウォレットはラウンド長財布

です。

 

どっちがおすすめ?

折タイプ長財布の方が会計はスムーズです。

いちいちファスナーを開ける手間がありません。

 

一方ラウンド財布は会計のたびにファスナーを開け閉めしなければいけないのでスマート感は損なわれてしまいますね。

しかしラウンド財布のいいところはカードを落としにくいところです。

ファスナーで守られているので気付かないうちに『カードがなくなっている!』なんてことがありません。

 

折タイプの財布だとカード入れがゆるくなったらカードが落ちても気づかないなんてことも起こりえます。

 

カードを頻繁に使う人はラウンドタイプの『クラブウォレット』がおすすめです。

⇒高級感◎マルティーニクラブウォレットを最安値で買うならここから!

その他の違い

大きさの違い

オーモンドウォレット

縦9×横19×厚さ2.5cm

クラブウォレット

 

縦9.7×横19.5×厚さ2.2cm

縦+0.7cm(クラブウォレットが大きい)

横+0.5cm(クラブウォレットが大きい)

厚さ-0.3cm(クラブウォレットが小さい)

 

比べてみるとクラブウォレットが大きいように感じますが、ラウンド財布としては一般的な大きさなので使いにくいということはないでしょう。

むしろ薄いのでジャケットの内ポケットに入れても膨らまず、スタイリッシュに決められそうです。

 

スーツなどを着るビジネスマンの人はクラブウォレットがおすすめです。

⇒売り切れ御免!スタイリッシュに決めるならマルティーニクラブウォレット!

 

収納力の違い

オーモンドウォレット

カードポケット×10

フリーポケット×4(内装×3 外装×1)

ファスナー付き小銭入れ×1

札入れ×1

クラブウォレット

カードポケット×8

フリーポケット×2

ファスナー付き小銭入れ×1

札入れ×2

収納力は圧倒的にオーモンドウォレットが上です。

外装にあるフリーポケットもICカードなどを入れられて便利です。

 

クラブウォレットは必要最低限の収納力です。

男性ならこのくらいの収納力でも十分だとは思いますが、カードが多い人にとっては不満があるかもしれません。

 

小銭入れの違い

オーモンドウォレット

クラブウォレット

 

小銭入れはオーモンドウォレットが大きくて小銭の出し入れもしやすいです。

クラブウォレットも小銭入れが広がる構造ですが、片側にしかマチが付いていないのでオーモンドウォレットほど大きくは開きません。

 

会計の時の小銭を探すのが苦手な人はオーモンドウォレットがおすすめです。

⇒会計がスムーズに!オーモンドウォレットを最安値で買うならここ!

 

カラーの違い

オーモンドウォレット

オールドブラック

ブランデー

ビターチョコ

ダークネイビー

リモンチェ

クラブウォレット

オールドブラック

ブランデー

ビターチョコ

ダークネイビー

オーモンドウォレットの方が1色多いです。

リモンチェ(黄色)は天然皮革には珍しい色味なので変わったモノを持ちたい人におすすめの色です。

経年変化でこげ茶色に変わるので、革を育てたいという人にもおすすめですよ。

 

⇒オーモンドウォレットのリモンチェってどんな色?写真を見てみる。

 

価格の違い

オーモンドウォレット:40000

クラブウォレット:38000

価格差は2000円です。

 

メンテナンスの違い

同じ皮革シリーズなのでメンテナンスに違いはありません。

美しくエイジングさせるためにはしっかりとメンテナンスすることが肝心です。

 

マルティーニに必要なメンテ用品

◆シュプリームプロテクトスプレー

革にとって水と乾燥は大敵です。

水に濡れるとシミになったり、最悪の場合カビが生えて完全に取り除くことができなくなることもあります。

そのために防水ケアは必ず必要です。

 

そして乾燥にも弱いです。

革は乾燥が進むとバリバリに割れてきます。革が割れたらお手入れでは元に戻すことができません。

革がカサついてきたら保湿ケアすることが大切です。

 

 

防水ケアと保湿ケアが同時にできるのが、シュプリームプロテクトスプレーなのです!

保湿クリームでケアすることもできますが、クリームを塗りすぎると革がクタクタになりカビの原因にもなります。

慣れていない人はクリームを塗りすぎる傾向があるので、メンテ初心者の人はスプレーでケアするほうが失敗が少なくておすすめです。

⇒シュプリームプロテクトスプレーは革製品と同時購入がおすすめ!

 

 

◆ポリッシングクロス

革の汚れはこまめに落とすようにしましょう。

汚れはカビのエサになるので放置するのは危険です。

ホコリや汚れは目に見えにくいので出来れば毎日ポリッシングクロスで磨くことをおすすめします。

 

また、革を磨くことで光沢を与えることができます。

革の高級感が増すので一石二鳥ですね。

⇒メンテには欠かせないポリッシングクロスの詳細はこちら!

 

まとめ

『マルティーニオーモンドウォレット』と『マルティーニクラブウォレット』どちらがおすすめかというと、

 

スーツを着て仕事する人はやや薄い『マルティーニクラブウォレット』

マルティーニクラブウォレットを最安値で購入できるのはココだけ!

 

カジュアルな服装が多い人は『マルティーニオーモンドウォレット』

マルティーニオーモンドウォレットを最安値で購入できるのはココだけ!

 

トップへ戻る