ココマイスターの財布はカードがキツイ?新品でも出し入れしやすい財布の見分け方!

2020年11月26日22時より、ココマイスターで売り切れていた商品が再販売されます。

販売後数分で売り切れる希少なアイテムもあります。

詳しくは公式HPをチェックしてみてください。

⇨ココマイスターの再販売情報はこちら

 

ココマイスターの財布が欲しいけどカードが出し入れしにくいという情報が多くあります。
使い込んでくると出し入れしやすいと書かれていますが、できればすぐにカードを入れたいですよね。

カードの出し入れがスムーズだと会計もスマートになります。

今回はカードがキチキチにならない財布の見分け方を紹介します。

財布の見た目で判断できる

どの財布のカード入れがキツイかは財布の形で見分けできます。

その見分けとは”ラウンドファスナー”or”折タイプ”の違いです。例外はありますがほとんどのココマイスターの財布はこの方法で判断できます。

折タイプ財布はカード入れに余裕がある

画像はマットーネマットーネ

画像のようにパタッと折るタイプの財布です。基本的にカードの収納は縦向きになります。


カードの両端に余裕があるので新品でも比較的出し入れしやすいです。

ラウンドファスナー財布はカード入れがキツイ

画像はマットーネラージウォレット

ラウンドファスナーとは財布の3辺がファスナーで閉じられるタイプの財布です。基本的にカードの収納の横向きになります。

 

カードの両端に余裕がないので出し入れはきついです。

使い込むことで出し入れしやすくなりますが、新品の場合は不便かもしれません。

 

そもそもカード入れがきついのは当たり前

本物の革なら使っているうちに馴染んでカード入れが広がる物なのです。

もし最初からカード入れが余裕だったら、数か月後にはカード入れがガバガバになってしまいます。

ちゃんと天然皮革の性質を理解しているメーカーなら当然の仕様なのです。

ココマイスターでもちゃんと革の性質をわかった上であえて新品時はきつめに作っているのでしょう。

革財布を購入するならカード入れが狭いのは受け入れて広がるのを待つしかありません。

 

まとめ

ココマイスターの長財布でカード入れに少しでも余裕が欲しいという人は「折タイプ財布」を購入しましょう。

もちろんラウンドファスナー財布でカード入れがキツくても使い込むうちに出し入れしやすくなるので、デザインが気に入ったならラウンドファスナー財布を買ってもいいでしょう。
自分が気に入った財布を使うのが一番です。

 

長財布の一覧は下の画像から

トップへ戻る