革財布はカード入れがキツイ?カードを入れやすい財布の見分け方を解説!

革財布を新調した時、多くの人が思うことがこれ

カード入れきつくて使いにくい…

すごくよくわかります。新品の革財布ってカード入れがきつくて使いにくいですよね。

このページでは革財布のカード入れがキツイ理由カード入れが使いやすい財布の見分け方、そしてカード入れが超使いやすいオススメ革財布をご紹介していきます。

新しい革財布のカード入れがキツイ理由

革財布のカード入れがキツイ理由は、”あなたのカードを守るため”です。

どのようにしてカードを守ってくれるのでしょうか?

馴染む前提で設計している

実は、そもそもカード入れはキツく設計されています。

その理由は使っている内に革が馴染んで柔らかくなってくるからです。

 

もし最初からカード入れが余裕があったら、数カ月後にはガバガバになってカードが落ちてしまいます。

つまり、カード入れからカードが落ちるのを防ぐためにキツく作られているのです。

革が馴染むことを理解しているメーカーなら当たり前な仕様なのです。

 

とはいえ、

新品の財布のカード入れを早く使いやすくしたい!

と思う人もいると思います。

次は、早くカード入れを使いやすくする方法について解説します。

革財布のカード入れを使いやすくする3つの方法

毎日使う財布ですので、できれば早く使い安くなってほしいですよね。

カード入れを使いやすくする方法を3つご紹介します。

ただ使う

単純にカード入れにカードを入れて使い続けるだけで、革が伸びカードの出し入れがカンタンになってきます。

クレジットカードやキャッシュカードなどの厚手のカードを入れると良いでしょう。

 

他のサイトでは『カードを2枚入れると良い』と紹介していることもありますが、カードポケットの周りの縫製を痛めるのでおすすめできません。

必ずカードは1枚ずつ入れるようにしてください。

保革クリームを塗り込む

コロニル・シュプリームクリーム
コロニル・シュプリームクリーム

革に柔軟性をもたせるクリームを塗り込むことで、カードポケットの周りを柔らかくなります。

本来は革に栄養とうるおいを与える保革クリームですが、革に潤いを与えるということは革自体も柔らかくなるということ。

塗り過ぎに気を付けて、少しずつ馴染ませていくと革が柔らかくなってきます。

 

オススメの保革クリームは『コロニル・シュプリームクリーム(クリア)

※必ずクリア(無色)を選んでください。

 

革との相性もあるので、最初は目立たないところで少量塗り拡げてみてください。

問題がなければカード入れの周りにも使ってみましょう。

クリームを塗る手順
  • ステップ①
    財布の汚れを落とす

    布やブラシで財布表面の汚れを落とします。

    オススメの布『コロニル・ポリッシングクロス

    オススメのブラシ『コロニル・ファインポリッシングブラシ

  • ステップ②
    パッチテストをする

    指や布にクリームを少量とり、財布の目立たないところで塗ってみましょう。

  • ステップ③
    カードポケット周りにクリームを塗る

    パッチテストで問題がなければ、クリームを塗り拡げます。

    この時も少しずつ塗り拡げるようにしてください。

    この時カードポケットの中にクリームが入らないように注意してください。

    ※大量のクリームはカビの原因になります。

  • ステップ④
    1~2時間待って乾拭きする

    クリームが乾いたら、残ったクリームを布で乾拭きします。

クリーム/ブラシ/クロスのセットもアマゾンで販売しているので、一度に揃えたい人は検討してみてください。

革を揉む

クリームを持ってない。あまり使わないし、買うのはもったいない気がする…

そんな人はひたすら素手で財布を触りまくるのが一番です。

手に含まれる油分は、革に栄養を与えます。

手に触れて使い続けるほど革は馴染んで使いやすくなってくるのです。

 

ただ、注意しないといけないのは汗を付けないこと。

革が濡れると、乾く過程で革が曲がって型崩れの原因になります

数滴の水分なら大丈夫ですが、変色の原因にもなります。

 

ここまで、革を馴染ませてカード入れを使いやすくする方法をご紹介していきました。

しかし、そもそもカード入れが使いやすい革財布を選べば馴染ませる必要もありません。

ここからはカード入れが使いやすい革財布の見分け方をご紹介します。

カードが入れやすい革財布の見分け方

カード入れが馴染むまで待てない!

という人は最初からカード入れが使いやすい革財布を選ぶようにするのがおすすめです。

 

ではカード入れが使いやすい革財布の見分け方を解説していきます。

縦型カード入れは出し入れしやすい

カードを縦向きに入れる革財布は、両サイドに余裕がある事が多いです。

カードポケットに余裕があるので新品時からでもカードが出し入れしやすいのが特徴です。

 

横向きに入れるのはキツイ事が多い

ラウンド長財布などはカードを横向きに収納する事が多く、カードポケットに余裕があまりありません。

カード入れが馴染むまでは、周りの縫製を傷めないように丁寧に使い続ける必要があります。

また、先程のカードポケットを使いやすくする方法を試してみるのも良いでしょう。

 

しかし、

新品時から使いやすいラウンド革財布がほしい…

そう思う人のために、新品時からカードポケットがキツくない革財布をご紹介します。

カードが出し入れしやすいオススメ革財布

キプリス ハニーセル

キプリスのハニーセル構造は、カードポケットが蜂の巣に似た形になっています。

厚手のカードでも出し入れがしやすくスマートに収納可能。

財布を開くとポケットが広がって会計もスムーズに行なえます。

 

20枚以上のカードが難なく入り、キャッシュレス時代にぴったりな財布です。

日本製で品質もよく、長く使える丈夫さもあります。

 

もちろん素材にもこだわっており、

  • 上質な牛革
  • 高級感のあるコードバン
  • 希少価値の高いクロコダイル

どれも一流の高品質素材です。

 

トップへ戻る